世界にはまだ対立している国々があります。日本で生活していても残念ながら心ない行動を見ることがあります。
誰かが誰かを傷付けてしまうこともあります。関わり合いの中で、少しでも先に相手の気持ちから考えることで、言葉は変わります。商売においても同様に、自分の売上を上げようとすることを先に考えるのではなく、まずお客様に喜ばれること、お客様の役に立つことで「貢献」を原点にしたサービスとなるのです。日々の生活においても、つねに相手を「想う」気持ちをもつことができれば、世界はもっと過ごしやすく安全になることでしょう。
EC業界は、顔の見えない相手とのやり取りであるが故、この相手を想いやる気持ちを本気で見つめなおす時期に来ていると思うのです。私たちは、CRMの本質を「相手を想いやる気持ち」であると考えています。相手を想い、考え、喜んでもらう努力をすることで、信頼が産まれ、関係値が深くなります。この考え方が業界を超えて世界へ広まること。こんな素敵なことはないと思います。そして世界に広めるためには、CRMの本質をサービスと共に提供することで、顧客を想いやる会社を日本に溢れさせていくことだと考えています。
今後私たちは、先端テクノロジーと共に、日本人の気質である「相手を想いやる気持ち」「人をもてなす心」をベースとした独自のCRMの構築を続け、人が人を「想う心」を世界に広げることを目指していきます。

私たちが想い描く世界はCRMにより寄り添い想いやり溢れる社会です。その世界観が実現されることで、人々が助け合い成長し社会発展に繋がっていくと考えています。
当社はCRM(Customer Relationship Management)という今後社会のインフラになるであろう、未だ発展途上の市場にいます。その分、私たちが社会に貢献できる価値は大きく、どのような可能性を追求していのか?どのような事業を成していくのか?正解がない市場をゼロから創っているその真っ只中にいます。
市場を創る上で何より大事にしていきたいものはチャレンジ精神とそれを実現するという高い志です。それが出来る環境が弊社にはあります。
CRMを発展させ私たちの理念である“「和の心」を世界に広げ、「想いやり」に溢れた社会を実現する” を志し、家族のように価値観を共有し合っていく。
「想いやり」「おもてなし」に溢れた仲間、そしてなにかの縁でこの場で出会ったあなたとともに社会貢献をできることを強く願っています。

PAGE TOP